野間たけしは、今年4月に全国の農業者が反対したにもかかわらず廃止された「種子法」無効後の問題点をまとめた山田正彦元農水大臣のインタビュー記事の小冊子を配布しています。日本人が長年にわたって地域に適したお米を作って来ましたが、それは国、県が予算を用意してお米の種を維持・管理・開発していたからです。それを支えていたのが種子法でした。種子法廃止により種苗生産に関する知見は海外を含む種苗・化学企業に開放され、今後これら大企業が種の特許を取得して日本の農家は毎年種子企業から種を購入しないと農業が出来ない状況になりかねません。多くの皆様に日本農業の危機を知って頂きたく、ご一報下されば冊子をお届け致します。