9月4日(火)、国民民主党代表選挙が行われ、玉木雄一郎議員が選出されました。玉木代表は香川県の郡部の農家出身で祖父は農協組合長、父は獣医で肉用牛の世話をしてきた人で、農業や畜産業に精通し、党首では珍しい地方を重視する代表です。4年間の落選浪人経験があり、生活の苦労を全く知らない世襲議員とは異なるごく普通の目線の持ち主で大いに期待されます。