「一陽来複」、衆議院予算委員会

 3月1日、衆議院予算委員会で民主党大島敦代議士より、福島の再生への意気込みについての質問を頂きました。松下は担当副大臣として、『一陽来復』、明るい太陽は必ず再びこの地に昇ってくる、この言葉を胸に、縦割りを排除し、心を一つにして、早い決断、実行、そしてその成果を一刻も早く被災地に届けられるように全力で取組むことを申し上げました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です