全国原子力発電所所在市町村協議会から要望を受けました

 4月9日(月)、全国原子力発電所所在市町村協議会の河瀬会長(敦賀市長)、岩切副会長(薩摩川内市長)、井戸川副会長(双葉町長)、山口副会長(美浜町長)、牧野理事(泊村長)、越善理事(東通村長)、小泉理事(志賀町長)、山下理事(伊方町長)、渡辺監事(大熊町長)などが来訪され、立地市町村として検討された被災地の復興復旧、安心安全の確保、原子力政策などについて、ご意見をお伺いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です